プログラマーが構築するのは
システムという名の信頼だ。

当社に窓口を担うようなディレクターはいません。いるのは、プログラマーだけ。ほかの会社と異なる点は、プログラマーが設計やコーディングだけでなく、お客様とコミュニケーションを取って課題を引き出し、要件定義までするということ。いわば、システム開発やwebサイト制作にかかわるすべての仕事がプログラマーの仕事です。業務知識が深く、自ら手を動かすプログラマーだからこそ、お客様から出てくる技術的な質問に答えることができる。メディアマックスジャパンのプログラマーが構築するのは、信頼そのものです。

{仕事の流れ}

  • ヒアリング、要件定義

    お客様との打ち合わせでは、解決したい課題は何なのかを見極めることが重要です。例えば大学系のシステムであれば、「そもそもどんな種類の掲示物があるのか」「誰にどれだけ行き渡ればいいのか」「どのくらい重要な掲示物なのか」などの項目について聞きながら、システムに必要な機能を絞り込んでいきます。プログラマーが直接お客様にヒアリングするため、ニーズをくみ取った提案ができるだけでなく、トラブル因子も解消し、作業効率のアップにもつながります。

    ヒアリング、要件定義
  • 設計、実装

    案件ごとに2〜4人ほどの少人数チームを編成。フロントエンドの開発からバックエンドのコーディングまで、それぞれのスキルに合った作業を担当。経験が浅い社員はコーディングから始めて、実力がついてきたら開発を担当します。各自が責任感をもってタスク管理をしているため、スケジュールが圧迫されることはなく、毎日のミーティングを通じて進捗共有もするため、作業がひとりに集中しすぎて滞るということもありません。

    ヒアリング、要件定義
  • テスト、納品

    システムを構築したら、仕様通りになっているかテストします。万が一システムがダウンしてしまうと、影響が大きい製品を扱っているため、入念にデバッグを行ってエラーをなくしていきます。大学の出席確認システムなどは、実際に大学に行って現地で動作確認をすることも。納品後にシステムが運用されているところを見に行ったこともあります。

    ヒアリング、要件定義